ジャズと縄文

 当、縄文ジャズ療法研究所は縄文時代に学べをテーゼに、誰人も差別や区別、隔離の無い共生・共助社会の実現を縄文人に学びます。
 かつ、黒人差別の渦中誕生した魂の音楽ジャズの存在意義と「音楽療法」としてのジャズによるカタルシス効果を体験し、当事者始め、ご家族の苦悩からの解放を実感していただきたいと考えております。
 
 インディアンやアイヌ等、先住民族の豊かな文化や自然との共生を学びます。アメリカ大陸先住民族は侵略者により人権を剥奪されてきました。それでも人足らずアフリカからも黒人を奴隷としてアメリカ本土に陸揚げしました。
 
 縄文人は一万年以上続いた豊かで平和な社会を約二千年前に渡来系弥生人により滅ぼされてしまいました。縄文土器や土偶にみる芸術性は、あの岡本太郎も共感させた感性と悟性の賜物です。造形美の原点です。
 
 片や、音楽の原点は、奴隷という被差別者黒人により創出されたジャズです。4beatや6beat等バックビートを用いたあらゆる音楽のルーツです。双方共、過酷な環境が生み出しました。自然環境と社会環境です。
 
 弥生時代以降、稲作の導入により水田拡大による山裾の浸食等、自然は支配するもののになりました。富の蓄えは人心を荒廃させ、弥生土器や埴輪には美的感性も失われて、実用、効率主義に陥り、埴輪に至っては権力の象徴となりました。「雑草」や「害虫」駆除の概念が生まれました。効率や能率主義は「優性思想」を生み、差別、階級社会となりました。
 
 クラッシック音楽は教会音楽が原初です。譜面を外すことは失敗です。今日、「現代音楽」ではジャズのアドリブが取り入れられています。又、近年はクラッシック音楽家を目指すもジャズ演奏家への転向も多く見られます。
 
 縄文人とジャズマンの共通項は感性と悟性が純化した境涯が高い人々といえます。土偶は「仏像」ジャズは「音曼陀羅」ともいえるでしょう。
 
 縄文ジャズ療法研究所では能動的ジャズ鑑賞を通して、感性と悟性の純化が可能と考えております。やがて縄文時代に関心や意識が向かっていく人々が増大することが共生社会へとシフトが転換することになります。精神や身体の疾患を持つ人々をインディアン社会でははワカンタンカといい、霊性を持つと尊ばれています。疾患を持つ人の叫びや振る舞いは社会の鏡です。経済優先でなく、弱い立場に立つ人を中心とする社会が人の道です。

 ジャズ療法は当事者の参加が求められますが、寄り添い、苦渋の渦中におられるご家族の参加により、援助者自らの当事者への対応が変化していきます。発せられる言動、振る舞いを当事者は敏感に感じ取ります。環境は主体の鏡です。体、曲がれば影斜めなりの格言があります。視野狭窄に陥りやすい気持ちにゆとりを生ませる一つとして「家族会」は重要な場です。更に、求められるのが、ご家族一人ひとりの精神の浄化です。ジャズ鑑賞で可能です。

 ジャズは芸術の一つのカテゴリーではありますが、唯一、苦悩の渦中に汚泥することなく、演奏者相互間の即興による知恵が紡ぎ出され昇華した音楽です。

 ジャズは解らない、興味ない。と消極的になることなく、「芸術」は魂を浄化する大衆に拓かれたツールです。更に、「音楽」は波動が細胞の隅々まで浸透します。ジャズは宗教や祈祷と違い芸術ですので安心してご参加下さい。自己変革が可能です。思考が柔軟になります。不思議にもご家族の振る舞いの変化は当事者にも快癒の兆しが出てきます。

 

ジャズ療法メリット

・ジャズによる坐禅の三昧に至る
・ジャズによる感性・悟性の純化
・体験後景色が新鮮に映る。主体の変革
・哲学書等難解な理論が理解可能に
・前向きな気持になる
・幻聴、幻覚を意識化し、客観視できる
・アトピー悪化の要因ストレスを解放します。

一回の参加で諦めずに、自宅やヘッドフォンで持続が望まれる。

ジャズ療法ワークショップ掲示板

◆情報をお待ちしております。

◎全国対応。各地、心あるリーダーの元二~三人のCD観賞から、手始めに始められるとよいと思います。

当事者、ご家族、ケースワーカー、医師、看護士等の参加が望ましい。
ジャズによる、会話によらない「オープンダイアローグ」「エンカウンター」が可能と考えております。
言葉による表現が不得手の方、妄想、幻聴等はありのままで参加。

参加料金 参加費無料
賛助カンパ任意
日時 未定
開催時間 未定
会場 未定
駐車場 近くにコインパーキングがあります(200円/時間)
備考

お問い合わせ

※ いたずら電話防止の為、お電話でのお問い合わせの前に、メールでご連絡をお願いします。記載されましたお電話番号を登録させて頂きます。仮名、ニックネーム可。

powered by crayon(クレヨン)